廃車同然の故障車を引取り

ある日のこと、愛車のワゴンRのハンドルを握って橋を渡ろうとしたときのことです。
橋の中腹で前が詰まっていました。
まぁ、しょうがないので橋の坂になっている所の途中で止まっていると、前が進みました。
よし、と思い、ごく普通にアクセルを踏んだら「ブオーーーン!」という音だけで車は進んでくれません。
もの凄く焦って、ベタ踏みしたらやっと進んでくれました。
幸い後ろに車が無かったのと、後ろに下がったのは少しだけだったので大丈夫でしたが…。
恐怖ですぐに車屋の知人に来てもらいました。
知人によるとミッションが壊れているとのことでした。
「ってゆーか、よく今まで無事に走れてたねぇ…。」と凄く苦い顔で言われたのを今でも覚えています。
その知人にミッションを代えるのに30万かかると言われて、故障ワゴンRさんを引き取って頂くことになりました。
一万円で。安!と思いましたが、廃車同然状態だったらしいです。
マイナスじゃないだけありがたいと思ってくれ!という話しらしいです。
さようならワゴンR。
それからは新しい車との出会いもありましたが、ちょっとした不調にものすごく敏感になりました。
私ほど鈍い方は絶対にいないと信じていますが、アクセルがフワッとしたら危険ですのでお気を付けを。廃車する時の手続き

Comments are closed.