日本の医学会での研究で出た結果。

  • 02, 14, 2019
  •  
  •  健康
  • 日本の医学会での研究で出た結果。 はコメントを受け付けていません。

日本の医学会での研究で出た結果として3大シーンは顔を筆頭として、心疾患と肺炎なんだそうです。そして介護を必要とする主な原因のトップが脳血管疾患なんだそうです。

これらの病気は生活習慣ととても関係していて特に心疾患や脳血管疾患は血管の老化つまり動脈硬化によって引き起こされる病気と言い切れる位の事だそうです。健康な人の欠陥は、柔軟性や伸縮性がありますが、それが失われ血管全体が硬くなりまるで輪ゴムが水分をなくしてパスパスになったような状態が動脈硬化です。ドロドロした血液は血管壁にとても負担をかけて傷つけるのだそうです。そして血管壁の傷口から悪玉コレステロールが入り込むととてももろくなるのだそう。命のポンプである心臓や、全身の機能を司るコンピューターのような脳の血管がそのような状況に追い込まれると、ある日突然詰まって破裂し命に関わるような重篤な病気を起起こすのだそうです。この状況を回避するためには、その大きな原因となっている食生活の乱れや、生活習慣における節制などを根本から改善しなければならないのだそうです。DHAEPA,サプリメント,比較

Comments are closed.