お魚の油に含まれているDHAとEPA。

  • 12, 19, 2018
  •  
  •  健康
  • お魚の油に含まれているDHAとEPA。 はコメントを受け付けていません。

お魚の油に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、血液がサラサラになったり、アレルギーを軽減するための効果を期待してサプリメントを作るために使われたりしております。

太り過ぎや「中性脂肪を気にしている方向けの食品」として特保指定を受けられた製品もあります。また、EPAはお薬として動脈硬化治療に役立てられています。これほど重宝されているEPAですが、副作用に注意は注意してください。EPAは、脳梗塞・心筋梗塞といった、血栓で血管が詰まって起きるとても恐ろしい障害から回避する目的で使用しますが、実は副作用もあるのです。血液が固まりにくくなる作用があるため、出血するとすぐには止まらない可能性があるようです。病院から処方されたお薬として服用する量では安全なようですが、1日3g以上摂取するのは要注意です。何らかの病気による手術や、出血を招く治療を受ける際は、お医者様にご相談され、可能であれば、手術・治療数日前から服用やめましょう。https://xn--dha-rk4bugkes219b02sc.xyz/

Comments are closed.