残された時間

病気で余命を宣告されると気が動転し、何もしたくないと思うほど気落ちしてしまうかもしれません。

しかし、残された時間で行なう必要のあることはたくさんあります。その一つに相続対策があります。実際、余命宣告をされた後に、慌てて専門家に相続対策の相談で訪ねてくるという人は少なくありません。では、急いで相続対策をしないといけない場合どのようなことを行えるでしょうか。行なえる一つのことは遺言書の作成です。遺言書がなければ残された家族の間で大きな争いになるということがあります。ですから、残された人たちのことを考えて遺言書を作成することは大切なことです。しかし、もしかすると遺言書を書くほどの気力や体力が残っていないかもしれません。病気が悪化しているならなおさらのことです。ですがそれでも、公正証書遺言という方法で遺言を残すことができます。公正証書遺言というのは遺言を残す本人ではなく、公証人が作成するものです。エクスレーブ 楽天

Comments are closed.