当たり前の光景

車のタイヤについて書いていきます。車にタイヤがあるのは当たり前の光景なので普段あまり考えることはない

かもしれません。ですがタイヤが高性能でなければ、車が持つ性能を十分に引き出すということはできません。ですからタイヤというのは非常に重要な役割を果たしています。タイヤが地面と接している部分の面積ですがどれほどなのでしょうか。実は、はがき一枚分ほどしかありません。それで重さが非常にある車を動かしているわけです。ですから、タイヤが常にきちんと接地できるサスペンションが非常に重要となってきます。タイヤが傾いたり、よじれたりしますと接地面がどんどんと減って行きます。車がカーブを曲がる時にはどうしてもタイヤの接地面がよじれてしまい、接地面積は減ってしまいます。ですからカーブを曲がるときにはスピードを落とさなければならないということになります。また空気圧が適切でないと必要以上に膨らんだり膨らみが足りなかったりするということによって接地面積は減ります。ですから、きちんと空気を入れておくということも大切なことです。車買取 沖縄

Comments are closed.