鬱病と障碍者認定について

今日も雨、どういうわけかつゆという言葉と欝という言葉は相性が合うらしい。
同じ気持ちがおちこむ言葉だ。この不安なゆうつな症状と私は一生付き合っていかねばならぬ。

鬱病はたんなる気分の落ち込みだけではない。時には自分が気が付かないほど過激になることもある。
しかし、そんなことなど本人はさらさら覚えてはいないのだ。
覚えているのはその後のことを人から聞いたときだけ..
本人はことさら過激な行動に走りその反面それが落ち着くと大変な落ち込みがまっている。
まさに人騒がせな病気だ。心寮内科に通って早5年
あっという間のときが過ぎ去った…もう外では働けないと思うと無性に落ち込む。

障害者年金

障害年金には初診日の違いで障害基礎年金と障害厚生年金と障害共済年金とがある。
障害基礎年金は国民年金のみをかけていた人で一級と二級とのどちらかである。
障害厚生年金は、国民年金+厚生年金をかけていたひとが対象で障害基礎年金と障害厚生年金の2階建てである。ちなみに1級から3級まである。
>>詳細はここから
障害共済年金はそれ+共済年金を+したもので4階建てでもらえる金額がいちばんおおい。
自分で自覚しなくても障害という言葉と僕は闘ってきた気がする
でも、やはりこの言葉の持つ意味と響きは果てしなく大きい….。
そんな言葉に負けたくないという気持ちは僕のどこかにある。

Comments are closed.