カルシウムとイライラの関係

ちょっとしたことで怒りやすくなったり、理由もなくイライラしている時間が長くなっていたりすると、周りの人からカルシウム不足をしてきされる、ということはもはやお約束にすらなっている感じがしますね。

一見、カルシウムとイライラの間には関係がないように思えますが、本当にカルシウムが不足するとイライラしやすくなったりするのでしょうか。結論からいえば、直接的には関係していないけど、間接的に影響を与えている可能性がある、です。では、間接的に関係しているとして、どういう仕組でカルシウム不足がイライラや情緒の不安定につながっているのでしょうか。カルシウムは骨の強度や歯の健康などに良い影響をあたえるのが主な効果だと一般的には認知されているかと思います。しかし、カルシウムは血液にも一定の濃度で含まれている必要があります。日頃からしっかりとカルシウムを摂取していれば、血中のカルシウムの濃度は最適な状態に保たれますが、それが不足してしまうと体内からそれを補おうと、骨などに蓄えられているカルシウムを血液中に溶かして補います。これにより、骨を健康的に保つのに必要なカルシウムが不足し、身体のバランスが崩れてしまいます。結果として、身体に不調があらわれ、無意識にそれをストレスと感じるからイライラや情緒が不安定になったりします。

グリーンミルク

Comments are closed.