テイルズ オブ シンフォニア PlayStation 2

戦闘はテイルズオブジアビス(TOSの続編的テイルズシリーズ)の劣化らしいが、面白い。回復すると「サンキュー!」など戦闘中の台詞回しが面白い。
ボス戦は特に燃える。
ダンジョンはやり応えあり。悪く言えば面倒臭い。私には攻略本が無いと無理だったw
FFが映像ゲー、ストーリーゲーと呼ばれるならテイルズはキャラゲーだろう。
キャラゲーなのだが、あまりキャラ萌えしなかった。残念。何かが足りない・・ストーリーはFF10と酷似しているような気がする。
世界を救う為に選ばれたヒロイン。世界を救う為にヒロインは死ななければならない。しかし、ヒロインが死んでも世界は完全には救われない
ヒロインを死なせず、世界を完全に救う事にする主人公・2つの世界(これはFF10よりテイルズオブエターニアに似てるが)
キャラデザは中々良いと思う。3D化を考えたデザイン。
しいなはHUNTER×HUNTERのマチに似てると思う。リーガルはストリートファイターZERO3のコーディに似てると思う。
エロアプリ おすすめエロゲー http://www.unish.org/

牧場物語3 ハートに火をつけて

とりあえず、1年の間に牧場をやりつつ、なにか村おこしになるようなものを発見して、リゾート建設を中止させるというものでした。
村おこしになるようなものは8つのルートがあって、「○○編」となっていて、決まった村人達と仲良くなっていくとイベントが起こります。違うルートでの同時進行が可能です。
畑を耕して、種をまいて、お水をやって、牛や羊を飼って・・・そういうまったりしたのが楽しいな~と思って購入。
でもまったりはしているんですが、1日という限られた時間内で、あれしてこれしてと結構忙しいゲームでした。
でもその計画を立てるのがまた楽しいと思えました。
育てた野菜を出荷してお金をもらって、そのお金で建物とかを増設したり、牛や羊を買ったり、野菜で料理を作ったりして、食べたり村人にプレゼントして交流を図ったり、そういうことが楽しいゲームでした。
ただ、期間が1年と決まっているので、1年を迎えるといやおうもなく終了してしまって、再プレイすると、せっかく仲良くなった村人達が、また初期のよそよそしい態度に逆戻りになってしまうんです。それがショックでした。
あの娘の体は抱き枕 立ち読みサイト http://www.martinhonertinberlin.org/

ゲームを買うお金がなかったあの頃・・そして・・

自分は小さい頃、そんなに裕福ではなかったので、小銭を持ってゲームショップを回って歩いたものです。
本当にお金がちょっとしかなくても、なにか買えるソフトがあるのではないか?とゆう淡い期待を胸に・・・(笑)
チラシなどに大量のゲームソフトが書いてあると、永遠と見ていられるようなそんな子供でしたね。(汗)
ごく稀に、手が出せそうな値段で有名な作品が売ってたりするんですよね~これが。
しかし、とんでもなくひどいゲームを掴まされる事もしばしば・・
その中でダントツの1位は・・・

スーパーモンキー大冒険です・・

カセットが割れた後があったけど、起動にはなにも問題はなかったものの・・・ゲーム性に問題があったとゆう・・・(苦笑)

どんなゲームかとゆうと、突然、砂漠のようなMAPに放り出された状態から始まります(笑)
MAPが無駄に広く、一応RPG的な要素があるらしく、MAPを適当に歩いていると敵がエンカウントします。

そして敵が強くてすぐ死亡・・
そして目的地も全然わからず・・挫折しました・・・
やはり、ドラクエを意識して何か別のものを作ろうとして失敗した末路といった感じに見えましたね・・
しかし、このようなゲームは、動画サイトなどではとてもいいネタとして取り上げられ、今ではある意味伝説の一つです。